こんな飲み方も・・Bar

今回は、横浜のBarでの話。
お酒が苦手な方には訳わかんないと思いますので、
その場合には、せっかく見に来ていただいたのにすみません。

--ということで--

e0063653_9354478.jpg

横浜関内、
JRの駅より海側にはBarの数が多い。
ほとんどの通りにあるといってもいい位だ。

たぶん、Bar好きは、それぞれ自分の隠れ家として、
ほんの少し疲れを癒す場として、お気に入りの店を持っている。
そしておそらく、そういう店を2,3件は知っている。
今は、二週に一度くらいしか行けないけど・・

そして、その店によって、もしくはバーテンダーさんによって
同じカクテルでも味が違う。あまりカクテルは飲まないけど。
だから新規開拓で入ってみて腕のいいバーテンダーさんの
いる店を見つけると、とてもうれしくなる。

さて、昨日、時間があったので、久々にその関内を歩いた。
早めに一杯だけ飲んで帰ろうかと・・(この時点で20:30位ね)。
ただ、開拓精神はそれほどわいてなかったので、
結局いつも行っている某Barへ。

大抵はそこでピート(泥炭)の効いたアイラ系のウイスキーに行くのだが
時間も早く、家に帰って食事もしたい・・というと、
ウイスキーをソーダで割り(平たく言うとハイボールの状態)、
オレンジビターを1Dashというのを作ってくれた。

一口飲むと、さわやかな口当たりに、ソーダで割ったのど越し。
すごい旨い。だがシェリーのような香り、熟した果実のような風味
「ん・・・?、これ、オレンジビターだけの風味じゃないよね。」
「えぇ、わかりますか? 実はもったいないと思いつつ、
 自分で試してみたらおいしかったんです。」とバーテンダーさん
「ま、まさか、マッカランを使ったの?」
「おぉ、正解です。
 お食事前ということで、ピートの強いものはまず避け、
 でも、モルトの好きな方にブレンデッドでおつくりすると
 一味足りないので、こういうときのために色々作ってみてたんです。
 で、自分がおいしかったものをお出ししようと思いました。」
「うん、すごい満足」と自分。
「よかったです」 となって、いい時間の流れ・・・。

ザ・マッカランをこういう飲み方をするのは、
もったいないという人もいるだろう。
だが、こうして色々試してみるのもお酒の楽しみ方のひとつ。
ちょっとした組み合わせで無限の可能性があるんです。

で、そこで、最近飲んでないバーボンの話をしていたら
今は終買になっている、あるボトルを見せてくれました。
バーボンのメーカーで、メーカーズマークというのがあります。
人気のあるバーボンなので知っている人も多いと思います。
e0063653_936781.jpg

メーカーズマークのミントジュレップ。(写りはひどいのでご勘弁を・・)
このビンこそウイスキーと変わらないが、中身はバーボンベースのリキュール!
ミントジュレップ自体の説明は省くけど(詳しくはWebで・・なんてね)
今となっては終買になっているボトルを見ることができて、
満足して家路に着いたのでありました(家到着21:30・・なんて健全なんだ!)。

by brizu | 2011-02-18 09:40 | BAR  

<< 「きのこの山 宇治抹茶」 先日の雪 そして発見 >>