「三菱みなとみらい技術館」

地震の前になるが、横浜、みなと未来にある
「三菱みなとみらい技術館」にいった。
「航空宇宙」「海洋」「交通・輸送」「くらしの発見」
「環境・エネルギー」「技術探検」「乗物の歴史」の7つのテーマで、
最先端技術や実機、大型模型などの展示を行っている。

その中の「環境・エネルギー」ゾーンでは今回の、環境問題や、
火力・原子力・自然/新エネルギーなどの説明や、今回の原発の原子炉の説明も・・
どれだけの手順を経て電気がたどり着いているかということが
ものすごくわかりやすく理解できます。

良いとか、悪いとかを言うつもりはありません。
原発について、改めて諸説、各意見、賛成反対あると思いますが、
いずれにしてもただ情報に踊らされているのでは、
おもしろがって、デマを流す人、
理解せずに思い込みで一方的な情報を流す人、
結局あおってるマスコミ・・・と変わりありません。
おそらく、全国いろんなところにこのような場所はあると思います。、
今こそ行くべきだと思うので、一度、足を運んで、まず理解することをお勧めします。
ちなみに、ここは
「 http://www.mhi.co.jp/museum/zone/index.html 」で確認できます。

さて、そこの「海洋」のゾーンでは
有人潜水調査船「しんかい6500」の精密断面模型も展示されています。
e0063653_10143486.jpg

実際の「しんかい6500」は
海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology:
JAMSTEC ジャムステック)にあります。
今、怖いけど、実際に海の中、海底がどうなっているのか
見に行ってみたいです。

ちなみに、三菱みなとみらい技術館は、上記の7つのテーマでの展示だけじゃなく、
実際に動かして見れるものもあるので、見ごたえありますよ。
おでかけまで行かないけど、小出かけとしてはお勧めです。

夜、街灯がついた瞬間は、ホッとします。
e0063653_101617.jpg

今後は、この灯りがまた、普通に灯せる毎日であってほしいと思います。

by brizu | 2011-04-14 10:17 | 日常  

<< 「ムラサキケマン」、「クサイチゴ」 桜の脇役 >>