ミツバアケビ花の詳細と、マグワの花

ミツバアケビの記事にコメントいただきまして、
雌花と雄花の違いのUPをリクエストいただきました。
ありがとうございます。

で、まずはそのUPを・・
雄花↓はブドウの房のように小さな花がぶら下がります。
e0063653_16343621.jpg

雌花↓はガクが花弁のように見えますが、
実際の花はその中の筒状のところです。
e0063653_16345348.jpg

そこで、雄花を少し採取して、
雌花に、ポンポンと受粉してあげるわけです。
もちろん、ハナアブ達も来てましたから
虫との共同作業です。
もっとも、花粉や蜜が甘いらしく、
アブラムシもたかってきます。
そこは大人の対応として、色々と、どいていただいて、
あとは待つだけですね。

さて、もう一つ20Cm位の実生の芽を、ガマズミだと
思って採ってきて植えたものが、どんどん伸びて・・
それもミツバアケビと同じ3年目、しかし、正体はマグワでした。
ものすごい勢いで伸びます。
毎年、春と秋に剪定して、なんとか
自分の身長位(1.7m)位に押さえていたのですが、
それが小さな花をつけまして・・・
すでになんとなく実の形になっております↓。
e0063653_16352989.jpg

あまりに成長するので、思い切ってバチバチ切っていたものですから、
この生命力にビックリです。

ん?  ということは、ミツバアケビに続き、
クワの実も収穫ってことに・・・
ってなればいいな。

by brizu | 2011-04-25 16:36 | 自然  

<< こんなところにぃ・・・ 希少種「カントウタンポポ」 >>