野草シリーズ ヒヨドリジョウゴ

ヒヨドリジョウゴ((鵯上戸)ナス科ナス属)です。
プチトマトではありません。
その茎に、落ちてきたケヤキの葉がひっかかり、
まるでケヤキの実のようになっています。
e0063653_9271874.jpg

ヒヨドリが好んで実を食べることから、
名前をつけたらしいけど、観察例はないみたいです。
で、ナス科なんですねぇ。確かによく見ると、
「ヘタ」のようなものがナスに見えなくはないですね。

また、ソラニンという神経毒を含んでいるらしいですから、
突っついて遊んでいるだけなのでしょうね。
それは利用すれば薬にもなるらしく、
解熱、利尿、皮膚病、神経痛などに効くそうです。

ま、そんなことよりも、枯葉などのなかに赤い実が見えると
目立つし、見てしまう。
赤い色って、注目を集めるには、もってこいなんですね。
夜、酔っ払ったおじさんは、そんなに目立ってはいませんが・・・^^

by brizu | 2005-12-07 09:27 | 野草  

<< 抗菌って・・・ 野草シリーズ ヤブカラシ >>