そもそも

そういえば、最近正月飾りをする家が減ってきたように思います。

しかし、そもそも、その由来はなんなのか
e0063653_13393344.jpg

門松・・・その年々で家を守る神様(歳神)を家にお迎えするために神様に
      わかるように、目印として、年末の28日以前に飾ったもの 
      松迎えなどとも呼ぶらしい。 実は諸説あってわかりません。

注連縄・・・古事記などの中で出てくる、天照大神の岩戸隠れの際、
       岩戸から出てこられたときに、
       また隠れられて暗黒にならないように、「しりくめ縄」なるものを
       大神の周りに巡らせたもの(結界みたいなものか?)
       きっと、それにあやかってはいるけど、正月くらいはゆっくり心配
       なく、戦も無くすごしたいから入らないでねってことかな?

鏡餅・・・詳しくはわからないが、室町以降に書院作りなどの建築物が
     出て来てからはやりだしたものらしい。 
     季節に関係なく、鏡の前に女性がモチを飾ったもの 
     うーんだから、それが何故なのか???
     鏡の神性を表したのか?

と、実はバラバラなんですね。
そのバラバラなものを、いつの頃からか一緒に飾るようになったんですね。
とすると、何に対して飾っているのでしょう????
よくわからないですね。
自由に色んなものを複合して行って良いということになる・・・・・・??

いずれにしても、厳かな雰囲気にはなりますし、
気持ちは新たになりますから、それで良いのでしょう。 
もともと八万の神々、土着神、枝分かれした多くの仏教など
日本人自体があらゆるものに神性、仏性を感じ、
あらゆるものを受け入れることができる感性、宇宙観を、持っていた
ということなのでしょう。
なので、文化としては、残っていって欲しいと個人的に思います。

ただ、しきたりっていうのは、実は、続けてきた人の気持ちの
問題なのかなって思ってしまうのは、不謹慎ですか?
「コラッ」って思った方、ゴメンナサイ。>o<
正月だから許してね。
っていう正月だからっていうのも良くわかりませんが・・・^^
そんなこという自分も、やらないと気持ち悪いことって
言うのはあるけれど。

ということで、新年2発目なので、
とりあえず、半まじめモードで投稿してみました

by brizu | 2006-01-05 13:44 | 日常  

<< 新年早々 いやー随分 >>