ロウバイの花、不思議な花は何思ふ。

ロウバイ(蝋梅)の花は不思議です。
e0063653_951284.jpg

e0063653_953696.jpg

わざわざ、今頃のもっとも寒い時期に咲きます。
薄黄色の花ビラは、ろうそく細工のように見えます。
でも一体何故この時期なのでしょう。
何故必ず下を向いて咲くのでしょう。
自然界には必ず’わけ’があるといいます。
江戸時代初期に中国から渡来したらしいです。
当時の日本人にも不思議だったのですね。
「珍花」という別名ももっています。

冬にみると、ロウというより、凍り付いているようにも
見えますね。そのせいか孤高な感じがします。

奢りもせず
逸りもせず
卑下もせず
焦りもせず
音もなく、
ロウバイの花

という感じでしょうか。

撮影地 都内 清水谷公園
ちなみに前記事のトサミズキ、ナツツバキも同様

by brizu | 2006-01-25 09:54 | 自然  

<< 「寒ぃー」といいながら、氷を撮る 時事ネタ、と思いきや、自虐ネタに走る >>