平河神社・・・牛を収める「モゥオォォゥゥ!」

少し前に撮ったものから・・。
平河神社(平河天満宮)です。
e0063653_15244853.jpg

ちっちゃいけど、都心の中に、
しっかり残っている神社です。
鳥居をくぐると、今一番咲いている梅と、
「牛」がいました。
e0063653_1525386.jpg

本来、天神とは天津神(あまつかみ)全体をさし、
国津神(くにつかみ)に対する神として祀っていたとのことです。
それが、いつしか雷神をあらわすようになり、
一方、菅原道真は,死後に怨霊を鎮めるために、
火雷天神として祀られ、その二つが
雷神信仰と結びついたようです。
また、牛は菅原道真公の登場以前
雨乞いに牛をいけにえとして、天の神に捧げたらしいです。

さらに菅原道真と牛の関係もかなり諸説あるようで
それはご興味がありましたら、インターネットなどでご確認ください。
日本は小さな神社一つにとっても、悠久の歴史を
持っているのです。

歴史探索のフィールドワークも結構面白いと思いますよ。

平河神社:千代田区平河町1丁目

by brizu | 2006-03-09 15:25 | 日常  

<< 過去のブレブレ銀座写真・・・・... 少々お待ちを・・⇒ミーティング... >>