何気ない意味のないスナップ・・好きな写真家

あまり出したことのない話題です。

写真のお好きな方には、ご存知の方も多いと思いますが、
僕の好きな写真家で「木村伊兵衛」という方がいました。
写真界の芥川賞と言われる「木村伊兵衛写真賞」と名前も残されています。

本当に一杯名作を残されておりますが、
実に、何気ない街角などのスナップも撮られているんです。
以前何かで見たときに、その感覚がいいなぁと感じたんです。
迫力で押し付けてくるでもなく、
すごい近い距離感でもなく、
中くらいの距離で、本当に何気なく自然に撮ってる感じなんです。

ずぶの素人の僕にはうまくいえませんし、語るような話でもありません。
先日、テレビで適当にチャンネルを変えていたら
その方の写真の解析をたまたまやっており、思い出しまして、
ブログでなーんとなく言っておこうかななんて思いました。。^^

もともと、ハプニングでも、対象の人でもなく
なんだかわからない、そのへんのスナップ写真って
時間の流れの一瞬が、そこにあるような気がして好きだったんです。
いってることが難しいし、変ですね。

うーんと、これは、朝、適当にとったものです。
e0063653_10363920.jpg

見てわかるとおり意味はないです。
たとえばぁ、この写真に写っているこの車が通った一瞬と
その時間の記録は、この写真にしか残ってないんです。
写真の出来はうまくなくてだめだけど、
すこーしだけ、わかってもらえるかなぁ・・。

伝えるのは難しいです。
今日は変な話でゴメンナサイね。
何気なく通り過ぎておいてください。。^^

by brizu | 2006-03-20 10:38 | 日常  

<< さぼりあけ、今日の記事はまだ未... 風が強くなってきた・・耐えろ「... >>