フェンス越し・・・・ケヤキもの巻

ぶわっと風がふいて、フキの葉がなびいたら
その下に隠れてたタンポポが顔をだしました。
その一瞬を撮ることができました。
e0063653_17314711.jpg

その近く フェンス越しのタンポポは
何に邪魔されることももなく、自由に花を咲かせていました。
e0063653_17315715.jpg

彼女らはそこにフェンスがあることに気がついてはいないけど。

なーんていちいち重たく書くことはないんです。
これは構図としてフェンスとタンポポを一緒に入れてみたかった
だけなんです。

そしてケヤキの新芽も出てきました。
e0063653_1732530.jpg

これが出てくると季節は一気に動きます。
一番季節に敏感なのがケヤキだとか聞いたことがあります。
だから気候が不順だと、
何度も芽を出し何度も葉を広げ、何度もその葉を落とし、
それにつかれて枯れてしまうこともあるとか・・。
異常気象の中ではケヤキも生きにくいってことですね。

by brizu | 2006-04-06 17:32 | 自然  

<< ある道の風景・・・・・400mの一部 春、今年一番の虫の登場だぁ・・... >>