どうやらハゴロモギク属 「アークトセカ・カレンデュラ」

キク科らしい植物が咲いているのを発見。
オオジシバリにしちゃ大きく、
タンポポにしちゃ、キクに近い
何者だこれは・・・
e0063653_172355.jpg

調べた結果
どうやら、キク科ハゴロモギク属の
「アークトセカ・カレンデュラ」 らしい。
舌をかみそうだ。
調べた内容をそのまま書くと、
「南アフリカケープ地方原産の多年草。
 観賞用として栽培される他、グランドカバー、
 法面緑化にも用いられている」。
がプランナーはいないらしい。
種として飛んできて、公園に繁殖したものと思われます。
(まとめて植えている気配がないことから)
うーん、微妙だ。
キレイだけど、そのまま大繁殖しなければいいけど。
どうか共生できる範囲にしてくださいよぉ
「アーセガデルト・カユクナル」・・・じゃない><
「アークトセカ・カレンデュラ」

by brizu | 2006-06-14 17:07 | 野草  

<< 大雨予報あたりそうだ。 面白い写真。 持ち歩く時のミニ図鑑紹介 なのだ。 >>