東京のカラス

東京のカラスはしたたかである。
今日も、東横線、渋谷駅の線路に
電車が入ってくるすれすれまではいって、
誰かが落としたお菓子を食べていた。

彼らが帰る山は都市の中には無い。
近くの神社か、新宿御苑や皇居などの
そこそこ広い緑地か・・。

ねぐらはなんとかあり、
彼らとテリトリーを争うトビも都市部にはいなくても、
本来の食料である、畑などのおこぼれや
小動物などを見つけるのも大変だ。

おのずと大量にいる人間の食べ残しや、
店から出るごみがターゲットになる。
しかも味が濃いから、
どうしてもそれを食べる方がおいしい。

結果、彼らはゴミを荒らしてしまう。
繁殖時期には本能で近くに来る人間を威嚇してしまう。
なので、嫌われてしまう。

だけど、彼らを見ていると、
僕は嫌いにはなれない。
アウトローなのは確かだけど、
必死に生きているのが伝わってくる。

微妙な関係・・
人間も動物の一種で、自然の一部なら、
彼らも自然の一部。
自然から見たら、人間もアウトロー。
なら、同じなんじゃないかと思うのだ。

by brizu | 2009-01-14 09:55 | 日常  

<< 昔、不思議なものを見た。 ワイルドストロベりー&レモングラス >>