1865年のコニャック

昨日、とあるBarで、
1865年のコニャックを見せてもらった。
樽からボトルに移してから口切られていないものである。

1865年は日本は慶応元年、幕末の動乱期。
あの勝海舟が42歳、近藤勇が31歳、土方歳三が30歳
まだぎりぎり京都で新撰組が頑張っていた時代。
この2年後に大政奉還、3年後に元号が明治になり、
鳥羽伏見の戦いとなる。
アメリカでは16代リンカーン大統領が暗殺された年。

とても恐れ多いので飲めないが、
見るだけでもそれなりの価値がある。
Barの暗さの中なので見えないかな。
とりあえず、これがそのボトル。
e0063653_1112599.jpg


この一本はその後、144年間この状態で今に至る。
そのビンを手に取って見せてもらえるのだから、
これはロマンだ。

ここのBarはそうして時間を楽しめる僕の
大事な隠れ家・・・。

by brizu | 2009-01-23 11:22 | 日常  

<< 「マルバノキ」 ・・・・(えっ... 雨の日の楽しみ方 >>