カテゴリ:京都( 8 )

 

ぶらり、きままに京都へ3

写真はまだあるが、とりあえずいったんここまでの京都編Part3
行き先も見るポイントもその場で決める、
まさに気まま旅なので、場所があっちこっちしちゃうのはお許しあれ!

まずは 建仁寺
四条烏丸から鴨川を渡って八坂神社方向に向かう。
その途中を右に折れると、花見小路に入る。
それをまっすぐ行くと、この建仁寺に至る。
比較的街なかにあり、行きやすい。
ここは、風神雷神図や雲龍図で有名だが、
庭も美しい。禅寺なので派手さはないが、とても落ち着く感じがいい。
たとえば堂にかこまれた中庭。
そんなに大きくはないが、苔と光と細めの木の組み合わせが絶妙。
e0063653_1035169.jpg

また、丸く、窓上に切られた廊下の壁から下をのぞくと、
カエル。置き物ではあるが、これもまたいい感じだ。
e0063653_10352291.jpg

禅は難しいが、中庭に向かってしばらく座っていると、
ものすごく落ち着いてくる。というより何も考えていない時間が流れる。
ん?これが「無」っていうこと??
そんな簡単なわけはないか。

さて、場所は変わって、前回の東福寺の方面にある泉涌寺
東福寺から直線距離は近いのだが、
いったん駅まで戻り坂を登っていく。
これがかなり距離がある。
東山三十六峯の一嶺、月輪山の麓というだけあって
それなりに行くのに時間もかかる。
しばらく登ってやっと頂上と思うと右に向かってまだ登る。
やっと着いたと思って左を向くと、この雰囲気。
e0063653_10354869.jpg

剣客が歩いていそうな雰囲気だ。
拝観料を払って左を見ると、楊貴妃観音とかあるが、
それは置いておいてこの写真の坂を下る。
下から涼しい風が吹いてくる。それが心地よい。
皇室関連ということもあり、陰陽道を思わす軸や資料も見られる。
ここは隠れたお勧めなのだ。

上ってきた坂を下りていく時、
タクシーに乗った明らかに観光客らしい女性三人組とすれ違った。
ま、タクシーにのればあっという間ではあるので、
なおさらお勧めです。

by brizu | 2010-05-17 10:36 | 京都  

ぶらり、きままに京都へ2

「そうだ、京都に行こう」
っていうJR東海のコマーシャルが流れてるのは、関東だけかな。
その秋版でいつだったか流れていた、紅葉のモミジ。
それがこの東福寺の、ドゥワァーっとあるモミジなんだな。
でもこの新緑の季節も、すっごく気持ちがよいのです。
で、先日、足を延ばしてきました。

東福寺には下を流れる小さな川のすっごい上に通天橋という橋を渡し、
その前後を屋根つきの廊下で歩けるようにしてある・・
(説明難しいので、http://www.tofukuji.jp/index2.html を参照して・・)
その写真がこれらです。
e0063653_10183841.jpg

e0063653_10185896.jpg
e0063653_10191586.jpg

これからの京都はすごい暑いですが、東福寺は気分がいいかも。
通天橋を渡った先の普門院で一休みできるし、お勧めです。

by brizu | 2010-05-13 10:20 | 京都  

ぶらり、きままに京都へ

5月の6,7で京都に行って来た。
4月末までそれなりにヘヴィーな感じだったし、
精神的な休養も兼ねて・・。
しかも、GWの継続で結構いろんな特別拝観をやっている
5/6は下鴨神社、青蓮門院、建仁寺・・・その他
5/7は晴明神社、相国寺から御所、そこから下って東福寺、泉涌寺
ゆっくり小数を回ろうと思っていたけど、
結局いろいろ見たくて10か所以上回ってしまった(はぁー! 小市民なのです)。
京都市内の交通機関も使ったけど、足が棒のようです。><

さて、その中で一番の目的は、下鴨神社(正確には、賀茂御祖(かもみおや)神社)
神社に到達する前に、「糺すの森(ただすのもり)」を通る。
この森は川も流れていて風情もあるのだが、
最近はパワースポットとしても有名らしい。
それはおいといて、ここに自生している「葵」も見たいということ。
(アオイといっても、どこかのお店の女性の源氏名ではありません ^^)
新緑の森の空気が届くといいけど・・
e0063653_16272167.jpg

徳川家の家紋になった三つ葉葵の原型の「フタバアオイ」(ミツバアオイは実在しません)
は見れなくて残念だったけど、森でちょっと雰囲気だけ似てるのを・・
何者かわかんないけど・・・     でもちょっと貧弱かぁ。。^^
e0063653_16274299.jpg

で、下鴨神社に到達するのです。
e0063653_1628375.jpg

というわけで、下鴨神社の説明は神社のHPなどをご参照ください。
特別拝観でいつもはみれない奥の社が見れました(それは撮影ダメだって)。
鳥居は明神鳥居

さて、次回はもう一つの目的
JR東海のCM(関東地方向けかな?)で秋に出てきた東福寺のモミジの新緑!

あ、夜は以前にいつも行ってた店に飲みに・・これもまた目的の一つだから・・ハハハ!

by brizu | 2010-05-11 16:28 | 京都  

京都 追憶 木屋町「うしのほね」

京都、木屋町通り 
四条よりの、細いビル 3F にその店はある。

2Fには時々行っていた、「炎(ほむら)」という店があるのだが、
この店はその上の階(実は炎も結構おいしい店ですよん!)

名前から、牛肉専門店? とばかり思っていた、
そこに、ある人といったのだが・・
意外な発見であった。
肉は、焼き鳥などはあるものの、
ほとんど魚なのだ。
なら、なんで、「ウシノホネ」なのか??
それは聞かなかったけど・・

ネーミングですぐに覚えられるというのもいいかも。
集合場所で、
「じゃ、「うしのほね」で、19:00に集合ねぇ・・・」
ですんでしまう。

さて、京都はいろんな店に行ってみて、
うまい魚は食べれないと思っていた。
だが、ここは違っていたのだ。
たしかに、刺身などはまあまあ、
でも調理した魚料理はどれもうまく、
鮭の白子などはかなりうまい。

雰囲気はというと、
木のイメージで落ち着いており、
座敷や、奥に広い席もあるが、
カウンターに向かってのペアシートもある。
やっぱり、デートにも使える。
先日の「TSUBAKI」が洋なら、こちらは「和」
両方行ってみるといいと思う。

HPは http://www.ushinohone.com/zutto/access.html

やっぱり京都は奥深い。
侮れないのだ。
ここは本当においしいよ!!

by brizu | 2008-12-15 09:55 | 京都  

京都 追憶 Bar「Orange」

京都川原町通り、四条と三条でやや三条よりに
ファッションビルの「BAL」がある。

その横の道を木屋町方面に曲がる。
左右にキャバクラなどがあるが、
気合いを入れて、その誘惑に負けず通り過ぎると、
左側に5階建てのビルがある。

それ一本ほとんどBARなのだが、
4階までエレベータにのり、のこり1階分階段をあがると
そのBAR「Orange(オレンジ)」がある。
HPは、http://www.bar-orange.com/

隠れ家的な雰囲気で、
カウンターと、
少し多目の人数でも入れるテーブルが一つ。
マスターのアッキーさんが一人、
静かにカウンターに立っている。

東京でもあまり飲めない、
バーボンのイエローローズや、
ミャンマーの不思議なドラゴンラムを飲むことができる。
e0063653_945319.jpg

安いけどうまい、キャプテン・モルガンもある。

雰囲気、そこにあるお酒の種類、
それらすべてが僕の感性にマッチしている。

よく飲んでいたのは、ラフロイグ、キャプテンモルガンのライム落としなど。

そんなに長くいることはない。
騒ぐこともない。
一人か少人数で静かに飲める。

京都にいる間、週に、2,3回はここに顔を出していた。
そんな、大事な場所のひとつである。
BAR通でもおそらく満足できるだろう、こういう店に出会えると、
なんだかうれしくなるのだ。

by brizu | 2008-12-11 09:51 | 京都  

京都 追憶 木屋町「TSUBAKI」

おばんざいとか、
確かに京都らしいというより、
少し変えて、いろいろ見る感じで
実際に気に入った店を紹介したいと思う。

木屋町通り、三条よりのビルの6Fに
「TSUBAKI(椿)」という店がある。
1Fのとおり沿いに目立たない看板があるだけ・・。

でも入ると突然、別の宇宙が存在する。
バーカウンターに、
ローソファーのボックス席、
鴨川をみれる奥左のソファー席
そして、ボックス席のまん中にステージも作れるほどの
広く、白い空間とプロジェクターで映し出される大画面。

また、VIPルームの「椿の部屋」・・
ガラス張りの天井から星を眺められ、
アンティークソファでくつろげる。

と、中の印象だけ書いてきたが、
「TSUBAKI」の最大の売りは、石釜でその場で焼いてくれるピザ・・。
それと和牛のハンバーグ
これらは何より絶品である。
個人的には近くの交差点の○○○moよりもおいしいと思う。

バーレストランなので、カクテル、ウィスキーのその他お酒も充実

ホームページは
http://www.a-tsubaki.jp/
e0063653_1250229.jpg


とにかく大勢で大騒ぎというのには向いていないが、
少人数で、もしくはデートでいくには、雰囲気も、味もBest。。^^

気に入った、特定の人しか連れて行きたくない
隠れ家的な お店の一つである。

by brizu | 2008-12-10 12:50 | 京都  

京都 追憶 先斗町「風南」

京都 先斗町のお気に入りの店・・。

中華だけど、この店独自。
ヌーベルシノワといえるだろう創作中華料理。
店の名前は 「風南(ふうなん)」

先斗町の三条寄りにあるこの店は
基本的に何を食べてもおいしい。

炙りチャーシュー
黒酢酢豚
水餃子
焼きそば
・・・・
・・・・
想像している中華ではない。
深くて、新しい味(うーん説明できない!)

夏場には川床もでる。

で、まここ々の店長の永江さんが実にいい味を出している。
顔を覚えてくれると、さりげなくいろんな話をしてくれるのだ。
また、いつも「海(イモ焼酎)」をロックで頼んでいたら、
入って、座った瞬間、「海でよろしいですか?」ときいてくれた。
時には2階の鴨川に向けた席に案内してくれる。
ちょっと面白い人である。

興味を持っていただいたかたは、よろしければ
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000017856.html
を参照ください。

とりあえず、ずいぶん何人もこの店に連れて行ったが、
すべての面子がリピーターになっている。
そして場所柄ということもあるが、
雰囲気もおしゃれで、デートにも使える。

まずは、気軽に入ってみると
いいと思います。

by brizu | 2008-12-09 16:35 | 京都  

京都 追憶 夜桜

久しぶりのロングラン
今年、3月から、10月待末までの8か月
京都に行っていた。
(といっても、土日は横浜に帰っているが)
月~金は京都でホテル暮らし。
すっかり京都の人になっていた(京都に住んでるかたごめんなさい)。
何年か前も京都に1年くらいいたことがあり、
それなりに自分の中では勝手知ったる街と思っていた。

だけとさすがに、都、1200年の歴史の街であった。
あーもう。普通に戻そう。
ここからはいつもモードで書きます。

で、いくらいてもいろんな面が次々に見えて
もう楽しくてしょうがない。

仕事以外で何人かで出かけたり、
ひとりで歩きまわって新たな発見をしたり・・。
夜も気に入った店を見つけてしまったり、
仕事もそれなりに順調だったし、
久々に充実していた期間であった。
何しろブログの更新を、すっかり、半年も忘れてるくらいだから・・。
もう最高!

京都の人は口ばかりで冷たいなんていう人もいるけれど
そんなことは絶対にありません。
京都最後の夜に、仲良くなった人達が一緒に飲んでくれて
色々言葉かけてくれて、我慢しきれず大泣き。

さて、そんな京都で春に撮った・・・・
あ、めちゃめちゃ季節はずれですが、
円山公園のしだれ桜。
丸山魁夷の絵にもなっている有名なサクラです。
e0063653_9452426.jpg


間近で夜に見たの初めてだったけど、迫力あったぁ!!
写真だとそれが伝えられないのが残念だけど、
まさに女王って感じです。
何人かで焼酎のビンとビニールシートと食べ物持って行ったけど、
はじめ何も話さずに見とれてたし・・

でもね、そこでわかったのは
実はきれいなものには男性の方が弱いってこと。
何人かの内訳は男性4人、女性2人だったかな。
いつまでも夜桜見てたのは男性陣の方で、
女性陣は「わーきれい」って写真撮ったりしたあとは
すぐに、「さ、飲もう!」って言ってた。
(反論、お待ちしております^^)

ま、次からは気に入った京都のお店とか
そんなのも載せていこうかな。

by brizu | 2008-12-08 09:47 | 京都