カテゴリ:自然( 58 )

 

キセルガイの仲間と判明 & 近い種のカンニャボ情報

先日のこの壁をはってたカタツムリもどき、
何者か!ということでUPしたところ、m.mさんに情報をいただきました。
e0063653_13375647.jpg

「カンニャボ」という、福島県阿武隈地方の桑畑に棲息するキセル貝の一種に
似ているという。。

そこでしらべたところ、
「カンニャボ」というのは健康食品になるらしい。
http://www.kannyabo.net/hp/kannyabo_1.html
を参照。

ただ、福島に生息するものが都内にいるとは思えない。
そこで調べたら特定はできないものの、
「キセルガイ」の仲間であることは間違いないらしい。
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/storageo/page_021609_1.html
を参照。

キセルガイは、海でも川でもなく、陸に住み、
そのキセルガイ科には、ナミギセル、ヒメギセルなど、沢山の種類があるという。
その仲間は上のURLを参照していただくといっぱい出てくるが、
今回そのどれに当たるかは、どれも似過ぎていて、特定できませんでした。

ただ、最近、その餌となる桑なども減っているせいか、
数は激減しているということです。
m.m さん すごい!

by brizu | 2006-09-15 13:40 | 自然  

実は近々・・・・ツマグロヒョウモン

出張の予定が入っている。
確実になってないので、ひっくり返る可能性があるのだが、近畿方面に行く。
そこで、その前に、まずいつもの清水谷をもう一度撮っておこうと・・。

今、清水谷で咲いている植物は、
この前のデイゴ、キツネノマゴ(先日UPしたのはこども自然公園内のもの)、
正体不明の先日の白い花、ハギ、カヤツリソウ  くらい。

まず、「ツマグロヒョウモン」
かなり近づいたのに逃げず、その姿を撮らしてくれました。
e0063653_15342389.jpg

e0063653_15343554.jpg

これなら気持ち悪くないでしょ。幼虫じゃないし。^^
センターじゃないけど、まあまあ自分にしたらまともに撮れたかな。^^

で、何をとろうかと思っていたところ
次に見つけたのは、ハナムグリ
e0063653_15345362.jpg

手の上で歩いているが飛んで逃げようとしないのでとってみることに
一瞬手の方が動いて、ぼけてしまいました。
しばらく手の上で遊んでいましたが、そのまま逃がしました。
これがカナブンだったら、大騒ぎで、すぐ飛んで行ってしまいます。
その点、これは丸っこくて、カワイイ。^^  
でも、虫嫌いの方すみません。。。。。^^

てな訳で、清水谷の昆虫達でした。

撮影地:都内 清水谷公園

by brizu | 2006-08-29 15:38 | 自然  

こども自然公園・・「やる気のない(様に見えるほど下手)写真一覧」

横浜の旭区にある「こども自然公園」にいきました。
といってもあるのは森
小動物のいるところと
アスレチックは少しあるけれど、
基本的にほとんどが森です。

付き添いとしては野草も一杯撮ろうとおもいましたが、
なかなかそうもいかず・・・・。
そんななか撮れたのは普通にあるものばかりでした。
まずは
「ヒメキンミズヒキ」です。
e0063653_10253269.jpg

またそのつながりで、ミズヒキの仲間 です。
e0063653_10263465.jpg

「キツネノマゴ」とそれに偶然止まった「アブ君」です。ハグロソウにも似ています。
e0063653_10273060.jpg

e0063653_10274012.jpg


で、水辺に目だって咲いていたのがこれ。
名前はわかりません。どなたかご存知でしょうか?
e0063653_10285094.jpg

e0063653_1029941.jpg

そのほかにも
アキノタムラソウをはじめ、色々見たのはたしかです。
とりあえず報告ということで、
「やる気のない(様に見えるほど下手)写真一覧」
でした。

by brizu | 2006-08-28 10:32 | 自然  

ハナムグリ、ハギ、ヒメガマ

とりあえず、花にムグってみた。
ってそんな感じ。
e0063653_14323679.jpg

ドウガネと同じ仲間だけど、
群れたり、実を食べちゃったりはしない。

他の方のところでも出てるけど
ハギ、2枚 花は小さめ
e0063653_14343788.jpg

e0063653_14345273.jpg

萩にも色んな種類があるようだ。

そして、ヒメガマ
e0063653_14382644.jpg

ガマの穂をもつ水辺のガマ科の植物
この種はいつ見ても不思議な形です。

夜なく「カネタタキ」と思われる虫も見かけたけど、
すぐに草の中に隠れてしまい、撮影できませんでした。

今日の東京は台風の影響か蒸し暑く、
ベトベトしています。
なんだか食欲もないので、昼は軽めにソバにしました。
フゥーっと。。

by brizu | 2006-08-16 14:41 | 自然  

柿の実

さぼりあけのUPをしたばかりなのに
また2日間さぼってしまいました。

というのも千葉の祖母の家に行ってました。
いつかUPしたが色んな野草が庭にあります。
でも今回は、柿。
e0063653_20432728.jpg

e0063653_20433966.jpg

これは渋柿です。
だけど、干し柿にすると、その渋がかえって甘さをひきだし、
めちゃめちゃ甘くなるのです。
秋になると、鮮やかな、きれいなオレンジ色になります。

住宅街の中の家なので、そんなに大きくすることはできないことから、
それなりに小さく抑えており、なれる実も30個程度。
で、ここ7年くらい連続で実をつけています。
実は20年位前に、僕が食べた柿の種を
適当に埋めておいたものが芽を出し、
いつの間にかそれなりの木になったもの。
硬い、あまりこなれてない土のところに埋めたものだから
木になるということも考えていなかったので、
花が咲き、実がついたときにはすごくびっくりしました。

そして、もう一つあるのが、
やはり僕が種を埋めておいたブドウ。
これもどんどん大きくなり柿と同じくらいの年齢になり
毎年実をつけているのです。キョホウの種でしたが
原種返りしているようで、もっと小型の色の薄い実がなります。
でも、その味は甘く、充分に食べられます。

ところが、ここ2年ほど、急に「ドウガネブイブイ」という
カナブンの仲間がとんできて、葉や実を食い荒らしていくのです。
その前は姿を見せていなかったので、なぜかと思っていたのですが
近くに新しい道路が出来るとかで、
林の木をほとんど伐採し、工事していることが判明。
ほかに理由は考えられないことからおそらくそれが原因かと・・。
近くに幹線道路もあり、そんな不便なところでもありませんから
実に困ったものです。。。。><

by brizu | 2006-08-14 20:45 | 自然  

さぼりあけ   なのだ

昨日は、理由は特にないけど、ブログさぼりました。

さて、先日「ケチヂミザサ」をUPしたけど、
これが「チヂミザサ」の葉
e0063653_10521048.jpg

葉が縮んでいるようにナミナミしていて、笹の葉のようにみえるから
そういう名前らしい。種子はケチヂミザサとにています。

で、「ルリクビホソハムシ」を見つけました。
e0063653_10514615.jpg

あざみの葉を食べるとされているけど、
色んな葉をたべるみたい。
今日はツユクサの葉を食べていました。

おまけに、コオニタビラコの花に止まるシジミチョウ
e0063653_10534549.jpg

意外に逃げないでいてくれました。
よっぽど腹が減っていたのでしょうか。。

そろそろインパクトのある野草を見つけないと
じみすぎるなぁーと思うこのごろでありました。

by brizu | 2006-08-11 10:57 | 自然  

昨日も暑かったぞーい

昨日日曜日もまた、暑い一日でした。
朝起きてもなんだかどんよりして、
なかなかシャキッとしません。

なので昼間は買い物などでお茶を濁し、
夕方になって少し涼しくなったので
子供と虫網もって近所に・・
ま、その時間に行っても案の定、虫はいませんけど。

帰り際、小さな崖になっているところに
小さなキノコを見つけました。
e0063653_10153061.jpg

無理やり土を割って出てきたようなソイツは
赤い頭をしておりました。
この色は毒キノコに違いない・・・。
でも面白い感じだったので写真を撮っておきました。

さらに、近くの桑の木を見ておりました。
まれにカミキリムシがいたりするので・・。
奴はいませんでしたが、
丁度斜めに木に当たった日が葉陰を作っておりました。
その桑の葉の形がまた、ちょっとキレイかと・・
e0063653_1020186.jpg

よって、これは単なる桑の葉ですが、載せておきます。

by brizu | 2006-07-31 10:22 | 自然  

野草・・というより風景として撮ってみました。

というわけで、
出来はよくないけど、
道端を何気に撮ってみました。

柵からはみ出している萩
「フェンスとコンクリートと緑」
e0063653_10493232.jpg


植え込みに咲くヒルガオ
「一昼の夢」
e0063653_10531440.jpg


枯れ姿のアザミ
「その後の充足」
e0063653_10552988.jpg


この次期がやってきましたネコジャラシ
「今年もまた・・」
e0063653_10563011.jpg


以上、「そのまま携帯写真展」でした。

by brizu | 2006-07-11 10:57 | 自然  

トチの木の花、落ちてきて頭に当たる の巻

歩いていると何かが頭に当たりました。
なにかと、まわりを見てみると
何かの花がいっぱい落ちてました。
e0063653_15405497.jpg

この花なんの花かというと
トチの木の花でした。
ということは、秋になれば、トチの実が大量に
採取できるということですね。^^

で、次はイネ科の植物。
単体でみるとこんな感じ。
e0063653_15411235.jpg

でもこれが群れているのをみると
結構、緑がサワサワしていてさわやかに見えます。

さてさて、今日の昼はビーフストロガノフ・ランチ
味は良かったけど、
バターが多かったのか、胸焼けしてしまった。
こういうときには、炭酸だ。
炭酸買いにいこうっと。

by brizu | 2006-05-10 15:49 | 自然  

イチョウの存在

イチョウの葉が出てくると、
面白いくらいに、まわりも含めて全てを緑に変える。
e0063653_10104211.jpg

そして花を咲かせる。
その花は咲いたかと思うと一斉に散る。
それも、あまりにも見事にあっけなく。

だが母である木自身はとても強い。
巨大で、その存在感は孤高なのにタオヤカだ。
だれも傷つけず、だれも否定しない。
独立したその宇宙は「そこに在る」ということだけで、
あらゆる生命の連鎖を教えてくれるのだ。

木に触れると、意外なことに
ほんのすこし暖かい。
木であるはずなのに、
脈動が伝わってくるかのようだ。

今年もまた、初夏が来る。

by brizu | 2006-04-27 10:10 | 自然