<   2006年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

空の色 (空シリーズ)

これは今日の雲
朝はこんな感じだったのに今は曇ってきちゃった。
e0063653_1253142.jpg


何日か前の夕方2枚
e0063653_12541161.jpg

e0063653_1254242.jpg

歩きながら撮ったりするとこんなになっちゃう。^^
人工的には作り出せない
そんな紫、赤、紅、ピンク・・。

by brizu | 2006-08-31 12:57 | 日常  

今日は手抜き・・・・・・・・・・

e0063653_1258198.jpg

青い色を添えてください。
言葉の代わりに・・
昔、君が好きと言ってた、
青空の色を・・

僕は空を見ています。
ただ、飽きもせずに・・・
同じ雲を見ているのなら、
君は今でも手を振ってくれるだろうか?

by brizu | 2006-08-30 12:59 | 日常  

実は近々・・・・ツマグロヒョウモン

出張の予定が入っている。
確実になってないので、ひっくり返る可能性があるのだが、近畿方面に行く。
そこで、その前に、まずいつもの清水谷をもう一度撮っておこうと・・。

今、清水谷で咲いている植物は、
この前のデイゴ、キツネノマゴ(先日UPしたのはこども自然公園内のもの)、
正体不明の先日の白い花、ハギ、カヤツリソウ  くらい。

まず、「ツマグロヒョウモン」
かなり近づいたのに逃げず、その姿を撮らしてくれました。
e0063653_15342389.jpg

e0063653_15343554.jpg

これなら気持ち悪くないでしょ。幼虫じゃないし。^^
センターじゃないけど、まあまあ自分にしたらまともに撮れたかな。^^

で、何をとろうかと思っていたところ
次に見つけたのは、ハナムグリ
e0063653_15345362.jpg

手の上で歩いているが飛んで逃げようとしないのでとってみることに
一瞬手の方が動いて、ぼけてしまいました。
しばらく手の上で遊んでいましたが、そのまま逃がしました。
これがカナブンだったら、大騒ぎで、すぐ飛んで行ってしまいます。
その点、これは丸っこくて、カワイイ。^^  
でも、虫嫌いの方すみません。。。。。^^

てな訳で、清水谷の昆虫達でした。

撮影地:都内 清水谷公園

by brizu | 2006-08-29 15:38 | 自然  

オニドコロ  ヤマノイモに似てるよん。

一見、ヤマノイモ(自然薯)の花のよう。
だけと葉の長さ、形や花が違う。。
e0063653_1042459.jpg

この正体は、、「オニドコロ」 です。
同じヤマノイモ科だけど、これは掘っても食べれません。><
ヤマノイモは味もよく、天然物は貴重品でもあります
(わざわざ、山に入って採取する人がいないし、割高という理由もあるようだが)。
ですが、これは調べたのをそのまま書くと、毒はないものの苦いそうです。
ほんのちょっとの違いなのに大違いなんですね。
ま、田中さんと中田さんは違いますからね(←?何のたとえだ??)
ただ、萆薢(ヒカイ)と称しリウマチなどに効くとか。
漢字だと「鬼野老」と書くらしい。

さて、そろそろ妖怪シリーズの構想を練らなくては・・
新キャラも考えなくちゃいけないし、忙しいー。
( ↑ 仕事しろ! いや、ごもっともで。。><)  

by brizu | 2006-08-29 10:44 | 野草  

こども自然公園・・「やる気のない(様に見えるほど下手)写真一覧」

横浜の旭区にある「こども自然公園」にいきました。
といってもあるのは森
小動物のいるところと
アスレチックは少しあるけれど、
基本的にほとんどが森です。

付き添いとしては野草も一杯撮ろうとおもいましたが、
なかなかそうもいかず・・・・。
そんななか撮れたのは普通にあるものばかりでした。
まずは
「ヒメキンミズヒキ」です。
e0063653_10253269.jpg

またそのつながりで、ミズヒキの仲間 です。
e0063653_10263465.jpg

「キツネノマゴ」とそれに偶然止まった「アブ君」です。ハグロソウにも似ています。
e0063653_10273060.jpg

e0063653_10274012.jpg


で、水辺に目だって咲いていたのがこれ。
名前はわかりません。どなたかご存知でしょうか?
e0063653_10285094.jpg

e0063653_1029941.jpg

そのほかにも
アキノタムラソウをはじめ、色々見たのはたしかです。
とりあえず報告ということで、
「やる気のない(様に見えるほど下手)写真一覧」
でした。

by brizu | 2006-08-28 10:32 | 自然  

正体不明  そして デイゴ  & おまけ

何気なく見つけた白い花。
全体で高さは、5,60Cm位
葉の大きさは、1枚あたり女性の手のひらくらいと大きめ
花はこの真ん中の奴で直径3~4Cm位
花の真ん中から2,3本ひげがミョーンて伸びています。
ただどうしても風で動いてしまい、花のUPが撮れません。
e0063653_11424474.jpg

e0063653_11425729.jpg

何者か調べたけどわかりませんでした。
あとでゆっくり調べてみますが・・・。
たったこれだけでどなたかわかったら教えてくださいね。。^^

さて、
清水谷公園ではデイゴの花が咲き出しました。
遠めでも、結構キレイです。
e0063653_11491232.jpg

♪デイゴ~の花がさき、風を呼び、嵐が来た~♪
と島唄にも出てくるデイゴです。
東京の真ん中でデイゴを見たければ、
清水谷公園に来てくださいネ。
この唄は、いまや世界標準ですから、音楽の力って偉大ですね。^^

で、あとはおまけ
いつぞやのイヌホウズキが近くでまた見られました。
e0063653_1149309.jpg

おもいきり花びらを反っています。
イナバウアーはもう古いか。。^^

by brizu | 2006-08-25 11:51 | 野草  

そんなこんなで・・

今日、明日と研修です。
なので、レスとUPは遅れそうです。
途中なにかUPしたりは試みてみますが、念のため。

by brizu | 2006-08-23 09:19 | 日常  

ヒメムカシヨモギ・・  あ、金縛り

「ヒメムカシヨモギ」:キク科の野草です。
明治期に北米より渡ってきた外来種です。
e0063653_123138.jpg

e0063653_12312919.jpg

明治に来たので「明治草」
鉄道の線路沿いに多く見られたので「線路草」
と呼ばれることもあります。
よく似ている草に オオアレチノギク がありますが
花や茎の毛などで区別できます。
比較的どこでも、道端でも見ることが出来ます。
ただ、日陰には繁殖しないようで、
日当たりの良いところでしか見ません。

----------------------------------------------------------------------------------

さて、昨夜 金縛りにあいました。
と言っても怖い話じゃありませんよ。
体の疲れと、頭の疲れのバランスが悪くなると起こる肉体現象です。

朝3時頃だと思います。
ガチッと体が動かないとおもって目が覚めました。
見事な位の金縛りです。久々なのでびっくりです。
しかたないので、動くことを信じながら,
手の指の先から少しずつゆっくり力を込めます。
少し動いた気がします。そこで手首に力を集中します(イメージ)。
で、そこまで行くとあとは一気に動けます。

どうしても夏の終わり頃、夏の肉体的な疲れと、脳の疲れのバランスが
悪くなるんですね。
おそらく脳の指示で、そのバランスを戻そうとして起こるんじゃないかと
勝手に推測してますが・・。

世の中的には、丁度お盆にもかさなり、お化けだのとなったんじゃないかと推測します。
また、それに該当するような妖怪もまたいるかもしれませんけどね・・。
って大丈夫ですよ。無理やりいつもの妖怪シリーズには持っていかないから。
カテゴリーも一応、野草ですし・・。。。^^

by brizu | 2006-08-22 12:52 | 野草  

プリン から やはり 白つながり2

時々なんだか食べてしまうぷりん。
ということで、
せんじつ食べたのは、普通にコンビ二で売ってるこれ。
e0063653_936192.jpg

で、昨日サティに行ったとき
見たことないのを見つけて思わず買ってしまったのがこれ、
e0063653_9363044.jpg

どんなのかというと、
プリントいうより、牛乳カンに近い。色は白、やっぱり牛乳色。
ミルクっぽいのが好きな方にはいいかもしれません。

で、白つながりで、
もともと、紫の朝顔がさいていたのに、昨日、白が咲いていました。
e0063653_9392777.jpg

白の朝顔って言うのもいいかもしれません。
鉢のクヌギの若木に巻きついたので、葉は、クヌギが写っています。

by brizu | 2006-08-21 09:41 | 日常  

毛色の違う内容を一本UP! 平将門

怖い話し、妖怪の話しではありません。
どちらかというと歴史物かな。

昨日の夜、横浜の家のまわりでは
雷が・・。
すごい音、おそらく何個もあって、何個も落ちたのでは
という感じ。音の衝撃でガラスもビリビリいってました。
思わず、外の光るのを見ていました。

雷は「神鳴り」から来ています。
その仕組みのわからない時代には
空が光るというだけで、充分神秘的で、怖いことだったに違いありません。
もともと自然に対して素直に畏怖を感じ
祀っていたのですから、空が光った日にはもう大変だったでしょう。
それが天神信仰に繋がっていくのですね。
日本人の感性が豊かだったというのは、
自然に対して素直に感じたことをあらわすことが出来たからでしょう。

e0063653_1236339.jpg

さて、天神から湯島天神、亀戸天神 の話ということではありません。
同じ神でも、
こんな時代でも、東京には、古くからの守り神が
その場所を守っていますという話です。

それは、平安時代中期に、天慶の乱(将門の乱)で滅ぼされたその人。
言わずと知れた、「平将門」です。
大手町の将門の首塚は、今でもお参りする人が絶えません。
ビル街の真ん中にあります。
壊そうとすると、色々おこり、結局その場所を動かすことが出来ないそうです。
また神田明神にも三の宮に将門は祀られています。
将門に関する史跡は、東京だけでなく、千葉、茨城といったあたりにも
たくさん有り、その関連範囲をうかがうことが出来ます。

将門がなぜ、東京の守り神といわれるかはここでは省きます。
そこの写真と、由来にご興味をもたれたら色々検索してみてください。
たくさんHPは出てきます。
なにしろ、時の権力者からみたら、菅原道真とならぶ大怨霊だったのですから
その成り立ちは、読み物としてでも興味深いものがあります。

そういうところをめぐって歴史を見直すのも
夏休みにはいいかもしれませんよ。

by brizu | 2006-08-18 11:42 | 日常