<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

こんなところにぃ・・・

先日、仕事で千葉県市川市へ。
帰りにJR市川駅、総武快速線の上りホームで、
ふと線路をみると、
そこに、「ヒメツルソバ」の小群落が・・
e0063653_102927.jpg

e0063653_1022331.jpg

他に生えている植物は無いので単一種のみ

おそらく鳥か虫が種を運んできたのでしょう。
葉ももともと茶色がかっているので、
全体的に、ボワァッとした雰囲気になって、
なんだか不思議な感じ。

普段「ヒメツルソバ」に注目したことないんだけど、
思わずホームから写真を撮ってしまいました。

by brizu | 2011-04-26 10:04 | 野草  

ミツバアケビ花の詳細と、マグワの花

ミツバアケビの記事にコメントいただきまして、
雌花と雄花の違いのUPをリクエストいただきました。
ありがとうございます。

で、まずはそのUPを・・
雄花↓はブドウの房のように小さな花がぶら下がります。
e0063653_16343621.jpg

雌花↓はガクが花弁のように見えますが、
実際の花はその中の筒状のところです。
e0063653_16345348.jpg

そこで、雄花を少し採取して、
雌花に、ポンポンと受粉してあげるわけです。
もちろん、ハナアブ達も来てましたから
虫との共同作業です。
もっとも、花粉や蜜が甘いらしく、
アブラムシもたかってきます。
そこは大人の対応として、色々と、どいていただいて、
あとは待つだけですね。

さて、もう一つ20Cm位の実生の芽を、ガマズミだと
思って採ってきて植えたものが、どんどん伸びて・・
それもミツバアケビと同じ3年目、しかし、正体はマグワでした。
ものすごい勢いで伸びます。
毎年、春と秋に剪定して、なんとか
自分の身長位(1.7m)位に押さえていたのですが、
それが小さな花をつけまして・・・
すでになんとなく実の形になっております↓。
e0063653_16352989.jpg

あまりに成長するので、思い切ってバチバチ切っていたものですから、
この生命力にビックリです。

ん?  ということは、ミツバアケビに続き、
クワの実も収穫ってことに・・・
ってなればいいな。

by brizu | 2011-04-25 16:36 | 自然  

希少種「カントウタンポポ」

「カントウタンポポ」を見つけました。
e0063653_10595486.jpg

また、花弁がセイヨウタンポポに比べ少しまばら・・っていうのも特徴かな。

さて、今、普通に見られるタンポポはほとんどが「セイヨウタンポポ」ですね。
セイヨウタンポポとニホンタンポポの違いは
花の付け根の部分 (総苞)が外側にそり返っているかどうかです。
つまりここ。
e0063653_110821.jpg

反り返っているのがセイヨウタンポポ。
でもこのように反り返らず、張り付いている感じなのがニホンタンポポです。
カントウタンポポはまた、ニホンタンポポの中では背丈が少し高いのです。

さて、セイヨウタンポポに比べニホンタンポポが減少しているという説が
ありますが、僕はこれに関しては少し疑問です。
確かにニホンタンポポの中でも上写真のカントウタンポポは希少種ですが、
そもそもの繁殖力の違いじゃないかと思うのです。
つまり、今まで、日本に自生いた方は、それなりの繁殖力で
それなりに増えていた。
でも、西洋から来た方はかなりの繁殖力でかなり増えた。

それに東京などの都市部では、街を作るために
タンポポが増えるべき土地が、やはりそれなりに減り、
こうした希少種などが出てきてしまった。
ということなのではないかと・・。
あくまでも僕の勝手な想像ですが・・。

by brizu | 2011-04-21 11:02 | 野草  

「ミツバアケビ」 なれるといいなぁ

三年前植えた「ミツバアケビ」
一昨年も、昨年も蔓は延びても、
雄花しか咲かなかった。
それが今年、ますます蔓は延び、
ついに雌花も大量につけたのである。
e0063653_1255062.jpg

もしかして、もしかして、
今年はアケビがなれてくれるのか・・・
長雨の時期にどう守っていけばいいか
今から考えておかなくちゃ。
それとアリに雌花を持ってかれないように
それも考えなくっちゃ。

なれれば、またそのころ報告します。
残念な時もきっと報告します。
三年越しの初の結実に期待な
今日この頃であります。

by brizu | 2011-04-20 12:56 | 自然  

「カラマツソウ」

「ベニハナカラマツ」・・アズマイチゲにも似ていますが
まぁ、「カラマツソウ」でいいと思います。
e0063653_1712759.jpg

去年、植えたものの、もう今年は出ないと思ってました。
でもそっと、じっと、出る順番をまって出てきてくれました。
この種類は白の花で、もっと花弁が細いものというのが多いのですが
これは大きめの花弁で、ピンクです。
野草好きの中では、このカラマツソウにはまって、
こればかり育てている人もいるようです。
なんだか、か細くて守ってあげたくなりますね。

<これは 「バイカカラマツ」 でした>
zucca さん ありがとうございます。

by brizu | 2011-04-19 17:01 | 野草  

「スズムシソウ」

東神奈川にある、サカタのタネ「ガーデニングセンター」に行ってきました。
そこで見つけた、「スズムシソウ」です。
思わず買ってしまいました。
e0063653_104810.jpg

後ろの壁の色と同化していて見えにくいですが、
その名の通り、鈴虫の羽のような花をつけています。
スズムシソウはWikipediaによると、
「山野草として人気が高いため盗掘が激しく、野生個体は著しく減少している。
 環境省レッドデータの記載は無いが、地域版レッドデータでは多くの県で
 絶滅危惧I類になっている。自然公園条例などで採集禁止植物に指定されて
 いる地区もあるが、実効性のある盗掘防止策がとられている例はないようである」
とあります。
おそらく、ここで売られているのは後から育てたものでしょうが、
今は貴重な野草なのですね。
大事に育てたいと思います。

ここには山野草のコーナーがあって、他にも、
イカリソウやら、ホタルブクロやら、ヤブレガサやら、イズイやら・・・・
色々つぼを突いてくるようなものを売っております。

ご興味があるかたは、足を延ばしてみてください。。

あ、ついでに、ムラサキの花のイメージに誘われ、
園芸種のミントブッシュも買ってきました。
e0063653_1043517.jpg

by brizu | 2011-04-18 10:08 | 野草  

「ムラサキケマン」、「クサイチゴ」

打合せの合間に1時間ほど時間があったので、
神宮外苑の森を久しぶりに散歩にでました。
ここで毎年、必ず姿を見せてくれる「ムラサキケマン」
に今年も会えました。
e0063653_1013012.jpg

e0063653_10131764.jpg

心なしか、色が薄く感じましたが、
今年も独特の葉と花はやはり春には欠かせない野草です。
漢字だと、「紫華鬘」
実は有毒植物で、普通に誤食することは考えにくいが
それなりに強い毒性らしいです。。

そして、必ず見られるのが低木植物になるのだが、
この「クサイチゴ」
e0063653_1013382.jpg

今の時期は白い大きめの花が見られます。
見やすいところに多いので、すぐに見つけることができます。

少し疲れたら、ベンチもあるし、
お弁当や、お菓子を買って行くのもいいですよ。

可能な方は一度行ってみてください。^^

by brizu | 2011-04-15 10:14 | 野草  

「三菱みなとみらい技術館」

地震の前になるが、横浜、みなと未来にある
「三菱みなとみらい技術館」にいった。
「航空宇宙」「海洋」「交通・輸送」「くらしの発見」
「環境・エネルギー」「技術探検」「乗物の歴史」の7つのテーマで、
最先端技術や実機、大型模型などの展示を行っている。

その中の「環境・エネルギー」ゾーンでは今回の、環境問題や、
火力・原子力・自然/新エネルギーなどの説明や、今回の原発の原子炉の説明も・・
どれだけの手順を経て電気がたどり着いているかということが
ものすごくわかりやすく理解できます。

良いとか、悪いとかを言うつもりはありません。
原発について、改めて諸説、各意見、賛成反対あると思いますが、
いずれにしてもただ情報に踊らされているのでは、
おもしろがって、デマを流す人、
理解せずに思い込みで一方的な情報を流す人、
結局あおってるマスコミ・・・と変わりありません。
おそらく、全国いろんなところにこのような場所はあると思います。、
今こそ行くべきだと思うので、一度、足を運んで、まず理解することをお勧めします。
ちなみに、ここは
「 http://www.mhi.co.jp/museum/zone/index.html 」で確認できます。

さて、そこの「海洋」のゾーンでは
有人潜水調査船「しんかい6500」の精密断面模型も展示されています。
e0063653_10143486.jpg

実際の「しんかい6500」は
海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology:
JAMSTEC ジャムステック)にあります。
今、怖いけど、実際に海の中、海底がどうなっているのか
見に行ってみたいです。

ちなみに、三菱みなとみらい技術館は、上記の7つのテーマでの展示だけじゃなく、
実際に動かして見れるものもあるので、見ごたえありますよ。
おでかけまで行かないけど、小出かけとしてはお勧めです。

夜、街灯がついた瞬間は、ホッとします。
e0063653_101617.jpg

今後は、この灯りがまた、普通に灯せる毎日であってほしいと思います。

by brizu | 2011-04-14 10:17 | 日常  

桜の脇役

横浜市、岸根公園の桜
最近知られてきて、この時期花見の方でかなり一杯になるのですが、
今年は、まばら。
でも天気も良くなって、気温も上がると
やっぱり行きたくなります。
桜は水辺にもよく合いますね。
e0063653_15284967.jpg

張り出した枝に咲いた桜は、池の水にも映って、
上も下も薄桜色。やはりこの季節、ほんの一瞬だけど
桜は主役なんですね。だからその脇役でいいから
そこに行って春に紛れ込みたくなるんですね。

帰り道、よその方の家のフェンスから、オドリコソウが顔を出してました。
許可は得ていないけど撮らせてもらいました。・・・許してね。
e0063653_16391240.jpg


ただ去年まで、真っ先にでてくる、キュウリグザが元気ないんです。
咲いてはいるけど、かなり成長してない感じで。。それが気になる・・・。

by brizu | 2011-04-11 16:41 | 日常  

BAR 「スティンガー」と「ラム」

最近行けてなかったいつものBarに・・
いつもモルトを頼むのだが、
久々だし、カクテルでも飲もうかと思い、
「スティンガー」を頼んだ。
レシピは
・ブランデー45ml
・ペパーミント・ホワイト15m
をシェイクします。
ペパーミントが爽やかさで、
その名の通り、鋭いブランデーが刺激的なので、
男性でもで飲みやすいカクテルです。
ぜひお試しください。

で、次に何飲もうかと思っていたら、
シガーのメーカーで「コイーバ」というのがあり、
そのコイーバから出ているキューバラムがあったので、
それをロックで・・カットライムを少しずつ落として
味を変えながら飲みました。
ラムは甘いというイメージがありますが、
これはそれほど甘くなく、ライムを入れることで
さらにさっぱりします。
以前このブログで登場させた、メーカーズマークの
ミントジュレップと並べて、写真を撮らせてもらいました。
e0063653_1074238.jpg

久しぶりにいつも行くBarに飲みに行けて、
少しずつ時間を自分のペースに戻して行けそうで
本当にホッとしました。

また、このBARにおける話は出していきたいと思います。

by brizu | 2011-04-08 10:11 | BAR