ひとあし早く

子供がダイヤブロックで作った「サンタ」だそうです。

e0063653_1011583.jpg


左手に持ってる赤いところはプレゼントだとか。
口に見える真ん中へんはひげだそうです。
普段ロボットとか結構、高度なものを作るかと思えば、
いきなり年齢が退行したのではと
思うようものも作り出します。
不思議です。
んー迷ったのですが、面白いので載せました。

# by brizu | 2005-11-02 10:12 | 日常  

失敗作の中から

都内で写したすすきです。

e0063653_21141778.jpg


本当は向かって左から入る日の光で
穂が金色に見えているところを
撮りたかったのですが、
たんに、「どよん」としてしまいました。
無理やり見ようによっては
左がすこし紗がかかってると見えないことも無い。
ということで、Keepしました。
なんちゃって。

おそらく都内のススキはだれにも
見てもらえていないでしょうね。
車の排気ガスをかぶり
でも、耐えなくてはならないんですね。
そういう姿を見ると、
あまのじゃく ですから写真にとろうなんて思うんです。
ススキにしたら余計なお世話なんですが・・。

# by brizu | 2005-10-31 21:17 | 野草  

公園のオブジェ

e0063653_11431476.jpg


近くの公園のオブジェです。
オブジェの題は「たいやひらめの舞い踊り」だそうです。
これに登るなというのではなく、
自由に遊んでよいというところに、
「その心意気や、よし」と感じます。
ちなみに登っているのはうちの子供ですが、
大好きなようです。

# by brizu | 2005-10-31 11:43 | 日常  

イヌタデ2&どんぐり

前回のついでにもう一枚
e0063653_2240156.jpg

とりかたも色々できそうです。

そして、今日はさらにもう一枚。
e0063653_22422871.jpg

さて、公園で子供が集めて、自分で撮ったどんぐりです。
クヌギとシイと・・・
題をなんてつけるか聞いたら、
「混ぜ合わせ」  だそうです。

そうかもしれないけど、そのままジャン!。
なーんか、もうちょっとあると思うんだけど・・・・・・

# by brizu | 2005-10-29 22:45 | 野草  

イヌタデ

イヌタデです。
秋になると、どこにでも見られる野草です。

e0063653_15282068.jpg


大きく、目いっぱい咲く花も、主張があり、美しいと感じます。
しかし、こんな風に、目立たず、そっと咲いている、
咲いているのかどうかも良くわからない花に、
目が行ってしまう時があります。

名前があるということは、
その存在に気づき、よく見ようとした人がいるということですよね。

そうだ、
食用には適している・・・・??・・・・・らしいです。
花の咲く前ならいつでも食べられるとかで、
和え物、油炒め、煮物、揚げ物でも食べられるそうです。
食べる気はしませんが・・・。

誰か挑戦して、感想を聞かしてくれないかなぁ・・。

# by brizu | 2005-10-28 15:29 | 野草  

飯桐(いいぎり)&コーヒータイム

e0063653_15282012.jpg

飯桐の実がなっていました。
ぶどうの房のようにさがりますが、
なんとも地味です。
色も赤いのですが・・。
遠めで撮ってみたのですが、よけい地味になりました。

e0063653_15293695.jpg

さて、とりあえず、コーヒーでも飲んで
仕事に戻らなければ。

# by brizu | 2005-10-27 15:28 | 日常  

うまいものはうまい

僕が芋焼酎にはまるきっかけになったものです。

その名もずばり「うまいものはうまい」
鹿児島産ではなく、宮崎の蔵元が作っているものです。
なんてストレートなネーミングでしょうか。

e0063653_17164657.jpg


今の僕にはあっさりしすぎている感じがしてしまいますが、
疲れているときには、ちょうど良く元気になります。
 
でも、わらっちゃうんですが、
出会ったのは北海道の札幌なんです。
仕事ですっごくつかれていて、ススキノまで行く気も無く、
ホテルのすぐ近くで3人で入った店が、なんと薩摩地鶏の店、
そこではまって、東京にもどってから探しました。

なんで、あふれるくらいの「いくら丼」を食べなかったんでしょうねぇ。
馬鹿ですね。

# by brizu | 2005-10-25 17:20 | 芋焼酎  

もうひとつの伊豆日記~ウーミン~

ということで
伊豆日記をUPしたものの
本当はゆるーくなった。
以前は朝3時ころ起き、「行くぞー」の気合とともに向かったものが、
待ち合わせの8時も遅れ、横浜出発はなんと8時30分。

釣り場に着くまでに、
買い物したり、なんか食べたりということで
ついたのは13:00。でまっ昼間。
とっくにつれる時間帯ではない。
しかも、30分くらい釣ったら
みんな「つかれたねー」なんて言ってる始末。

「目的は「釣り」だぞぉー」と気合を入れてみても
「ま、伊豆まで来て、海見てるって言うだけで良いのだ」
と餌をとりかえるでもなく「ボケー。ゆるゆる」
「ムーミン谷にムーミンはいるだろ、ウミ に ウーミンはいないのか」
などという実にくだらねー話に馬鹿笑い。

3時ころには、温泉でも行くかと移動開始。
10年前までは、朝は早いは、夜も夜釣りだーと
みんな熱血だったのに・・・。
次の日も8時におきて、ゆっくり朝食とって
下田で開始したのは10時過ぎ
またまたつれる時間帯を過ぎている。
「いったい何をしにきたのだぁ」。
本末転倒である。

ま、楽しければそれでよい
という方向に変わってきたようで。
これも年齢を重ねるということさ、
と、みんなで、都合よく解釈したのであった。

そういえばスキーでも1本すべると休憩とかいうように
なってきたなぁ。

# by brizu | 2005-10-24 09:58 | 日常  

伊豆日記

いつもは大体行く方向が決まっている。
大体というのはそのときの、天気や海の
コンディションで釣る場所が変わるからだ。
この日10/22は曇り天気はまあまあだ。
ならばあまり知らない穴場を探そう
ということになり、西伊豆の松崎と雲見の間にある
岩地漁港の堤防へ
釣果はたいしたことなく、西風が強くなってきたので
早めに宿へ、
やはりいつもは大露天がついている旅館にとなるのだが
今回は宿も穴場をということで、岩地の隣にある
石部(いしぶ)温泉へ・・・。
地図で見ても、かろうじて温泉マークが見える程度である。
e0063653_9374697.jpg

写真では良くわからないが、
海のすぐ前でも、西伊豆は断崖が多く、すぐ山になるので
大きな建物がない。今回は小さいのを覚悟で民宿へ。
そして23日、
写真は朝の海の様子。
e0063653_937631.jpg

写真では穏やかに見えるが、
この日は昨日からの西風が強く、
つりなど出来る状態ではないので、
東の下田に抜け釣り開始。
結局いつも行くポイントで
少し釣り、ここも風が強くなり
帰ることになった。
帰りは川津からループ橋をとおり、天城越えの道の駅で休憩
東名で渋滞に巻き込まれながらの帰宅となった。

# by brizu | 2005-10-24 09:38 | 日常  

空のはて

随分古い小説の冒頭に、確かこんな文章があったように思います。

「深い深い地の果ての、そのまた深い地の底を「奈落」というように
 高い高い空の果ての、そのまた遠い空の上を
 誰が始めに「碧落」といったのだろうか。 」

文章としては多分違うけど、ニュアンスはこんな感じだったと思います。

ビルのその先の、ずっと高いところにある絹雲を見ていたら
ふと、そんなことを思い出しました。

e0063653_17364020.jpg


なんてまじめモードで書き出していますが、

明日(土)、あさって(日)と
毎年恒例になっている、伊豆釣りツアーに行ってきます。
いっぱい被写体を見つけてくるぞーい。
ですな!!。

# by brizu | 2005-10-21 17:37 | 日常  

椎の実の憂鬱

おっ、枝つきの椎の実だ。こんな風になってるんですね。
また始めるかって思ってるでしょ。また始めるんです。
じっと見ていたら、殻をかぶった実から聞こえはじめました。
e0063653_9214072.jpg

「まったく、俺だけ飛び出ようと思ったのにな、
 枝ごと折れちゃったじゃねーか。
 これじゃ勢いつけて飛び出れねーぞぉ。
 しかも写真撮られてるぞ、おい、
 出してくれ、出してくれないと全身が写んないじゃないかぁ」。

なるほど、そっちを気にしていたんですね。

「木の根元に、カヤツリソウが生えているだろ?
 あそこに飛び出ようと思ったんだぁ。
 あそこなら誰からも見つけられにくいしぃ、人間にも踏まれないしなぁ。
 来年あったくなったらひそかに芽を出しやすいだろぉ」。

Nnnn・・・

「大体がだ、ここは飲む店が近いからな、下手に落ちると
 酔っ払ったやつに、踏まれるんだ。
 この前もだ、頭にネクタイ巻いたやつが入ってきてだ、
 もう一人のやつに、くだまいてたぞ。
 自作の歌かなんか知らないがな、「ヤンバルクイーナ、ヤンバルクイーナ♪」
 って何の歌だ?鳥か?頭にネクタイ巻いてる奴って本当にいるんだなぁー。
 初めてみたぞぉ」。

「お、なんだ、どこ行くんだ?お前んち神奈川だろぉ。
 そっち連れて行けよぉ!
 ん、カヤツリソウ?そうか、まいいか、
 運んでくれたってわけか。礼は言わねぇぞぉ。写真とっただろぉ。
 あとで焼き増ししてくれぇ。お前もがんばれよ」。

焼き増しって、携帯のカメラに言わないでしょうに。
ま、ブログを見てくれってところかな。

# by brizu | 2005-10-21 09:21 | 日常  

フレームイン&見切れ

写真のはなし

写真の価値としてはどうかと思うけど、
偶然に
ななめ下からなにかフレームインしてきているとか、
顔半分が巨大に見切れて写っているとか
イレギュラーな写真も結構好きだったりします。
この前も、嫁さんの一眼レフかりて、
海で写真取ったら、
必死で走っているおじさんが半分入り込んでいて、
すっごく笑ってしまいました。
捨てられちゃったけど・・。

確かにちゃんと撮ることが先で、
それが出来たら、遊び心でっていうのが順番で、
基本がまず大事ですが、
偶然の産物は、楽しいですぞぃ。

そーいえば、
変なものを見つけるのが昔から好きでした。
コンクリやアスファルトの切れ目の、微妙な土のところに
生えている草とか、
壁に突然着いている、入り口の無い階段とか、
なぜか、いつも斜めに歩いてるおばさんの姿とか
・・・etc・・・
かなり変な人なんでしょうね。
まあ、よく言えばミステリアスっていうことで・・・。

# by brizu | 2005-10-20 09:47 | 日常  

ネコジャラシの主張

e0063653_13113439.jpg

手前のネコジャラシから、こんな声が聞こえてきました。

 「オイ!そこのしょぼくれてる人間、たまには俺を見てみろよ。
  これでもなぁ、 知らないうちに、ちゃーんと、
  お前らの目の端に、いつも映ってんだぞ。
  向こうに黄色いのがいるだろー。 あいつらだってそうだ。
  結局、誰も何も気がついてないけどな、秋だって教えてんだぞ」。

なるほど。さらに彼は続けます。

 「これでもなぁ。 俺一本だけで、数千の種を守ってんだぞぉー。 
  よーく見ろぉー」。

おっ本当だ。

 「本当だじゃねーよ。 いいかー。 
  地面から、出来るだけ水や養分を吸うんだぁ。
  それからなぁ、少しずつ、少しずつ、子供の種たちに与えるんだぁ。
  一気に上げてみろ、腹壊して みーんな地面に旅立てなくなるんだぁ」。

おぉそうか。なるほど。

 「いいかぁ、道楽でやってんじゃねぇぞぉ。
  俺の子供たちのために命がけで生きてんだぁ。
  だから自分の時間がどうとか、
  自由がほしいとか、夢を追いかけるほうがカッコいいとか、
  そんな道楽で生きてるやつなんかにゃ、絶対に負けねぇんだよ。
  いちいちしょぼくれてる暇はねぇんだよ」。

う、うん。

 「人間や犬に踏まれたってなぁ。
  どんなに低く、垂れ下がってもだ、
  俺は胸張って、誇らしくネコジャラシやってんだよ。
  わかったか、わかったらもういいよ、行っていいぞぉ」。

・・・・・
なんか勇気が出てきそうです。
きっとこう言うんでしょうね。
 「バーカ、ネコジャラシで盛り上がれるなんて安いやつだなぁ」。
そのとおりです。

# by brizu | 2005-10-18 13:16 | 野草  

不如帰(ホトトギス)

なぜこの植物を「不如帰(ホトトギス)」と
よぶのでしょうね。

初めて見たときは、グロテスクな花だと思いました。
白地に紫の斑点ですからね。変な病気なんじゃないかと。

e0063653_9541866.jpg


でも時々見るうちに、慣れたのか、
自分の見る眼がかわったのか、
不思議ではかなげで、なんともこの国っぽいと
思うようになりました。

自然に生えている、秋の草たちを見ながら、
のんびりと、芋焼酎などを飲みたいものです。

::あいかわらず、どこに焦点を合わしているのかわからない、
  へったくそな写真です(言い訳、いいわけ、イイワケ・・・・・・)

# by brizu | 2005-10-17 09:59 | 野草  

季節外れのムシねた

うちのクワガタ達の写真です。
大きさは違いますが、種類はどちらも同じ、「コクワガタ」です。

e0063653_9504242.jpg


かれらは平べったい体をしているんです。
だから、木の皮などにはいって越冬することが出来るんですね。
今年の冬はかれらも一緒にすごします。

生き物のなかで、
ムシは意思の疎通が図れないと思っていました。
それは間違いないでしょう。

ただ、この2匹は
うちの嫁さんや、子供には、あごを開いて威嚇するのに
私の手のひらでは静かーにしてるんです。
もしかして、本当は意思が通じるのか?
なんて思ってしまう一瞬があります。

# by brizu | 2005-10-17 09:51 | 日常  

しかし、なんですな。

テ、テンテンテン(出囃子とともに・・)
なんとも、やる気の出ない一日っていうのが
年に、2,3回は訪れてきますな。
しかも、向こうから勝手に・・。

今日がその日でございます。
来週からお客さんのところに行くことになっていたのに、
延期でございます。
しかも5回くらい延期してるから、
単なる待機状態でございます。

「うるせー、そんなくだらないこと書くな!」

いやいや、そのとおりでございます。
あまりに気が抜けたので、抜け出し、
携帯で写真でも撮ろうと思いましたが
そこでも、ぴんとくるものがなく・・。

「ただボーっとしていただけだろ!」
「いつまで、だらだら書いてんだ!」

はいはい、お叱りはごもっともでございます。
ま、時間は自分で有意義にするものでございますから、
明日から気を入れなおします。
たんなるボヤキ投稿読んで下さりありがとうございました。
あ、けして、コメントなどは結構でございます。
べ、ベンベンベン!

そうそう、右のドングリのようなものは
「スダジイ」の実でございます。

# by brizu | 2005-10-13 18:09 | 日常  

ヘリコプター

子供がブロックで作ったヘリコプターです。
なんか、とってもいい感じで、残しておくことにしました。

なーんか哀愁があります。
e0063653_9452987.jpg


レゴもいいけど、昔ながらのカワダの「ダイヤブロック」もいいよん。

# by brizu | 2005-10-11 09:47 | 日常  

なぞの発光体が・・

自分の会社のビルから、空を見ると
雲の切れ間がはっきりしていて、そこに光が差し込んで、
それを撮りたいと思いました。

そうしたらこの写真になりました。
デジカメなので光は撮れてないのですが・・・
真ん中やや右より上方と
右少し上のあたりを見てください。
なぞの発光体が・・・・・
二つも映って ・・・・
しかも楕円形に・・・


まず、自分の後ろの天井ライトが、ガラスに反射しているものと思いますが
絶対そうとも言い切れず、     見事にそれらしく映っています。
不思議な写真には違いなく、これはのせるしかないと・・・
e0063653_10244941.jpg


「こら、毎度毎度、変な写真のせやがって・・」。
またまた声が聞こえます。

いやいやいや、そのとおりでございますが、
喜んでいただけたらと。

# by brizu | 2005-10-07 10:26 | 日常  

脱、没写真→無理やりな意味づけ

普段なら没写真なんですが・・。
接写モードにせず、あえて普通モードで撮ってみたら
案の定、花はぼけちゃって・・。
でもその下の葉の部分に焦点があって、
花のしたに1直線に緑のプロペラがあって、
浮いてるような感じになりました。

「単なるミス写真だろ。
 もっともなことを言うな・・・。」

声が聞こえます。

ハイ、すみません。
ごもっとでございます。
まあ、撮ってみようとした心意気だけ
汲んでやって下さいまし。
e0063653_13574667.jpg

# by brizu | 2005-10-06 13:59 | 自然  

このブログの背景を変えました。

気分転換に変えてみました。
といっても自分で作ってるわけでもなく、
選択してるだけだけど・・・。
昔HPをつくっった時は自分で考えたりもしたんだけど、
このレベル感のほうが、長く続けられるような気がします。

# by brizu | 2005-10-04 17:49 | 日常  

秋らしくなってくれ

都内の公園で、一足早く色づいた葉を、昼休みに見つけた。
すかさず撮ってみた。
だけど、今年の10月はとっても秋らしくない。
暑い。30度超えたりもしている。
どうかしている。
秋は秋らしくあってほしい。
少し肌寒いくらいでちょうど良い。

それなのにーだ、
なーんで半袖着てるんだぁ。
20年位前まで、
衣替えまで長袖を我慢するのはきついくらいだったんだぞぉ。
んー、それでいいのかぁ?

とろあえず、ぼやいておく。
e0063653_1645416.jpg

# by brizu | 2005-10-03 16:03 | 日常  

ビデオカメラ

先日、新しいビデオカメラをかった。
HDDにデータとして保存し、DVD20枚分入るらしい。
写真も撮れ、SDに保存できるということだ。

というのも、1台目が先日壊れてしまった。

子供の運動会という
だれもが撮影をする日が近づいているのにもかかわらずーだ。

前にも1度壊れており、そのとき、修理に出したら4万円も取られたのだ。
今もう一度修理に出したら、いつも戻ってくるか、
いくらかかるかわからない。
そこで、
「買ってしまえー」
となったわけだ。

ただ良く考えると、
自分が子供のとき、ビデオカメラなどなかった。
フツーのフィルムをいれるカメラ、
いや、写真機しかなかったのだ。
まれに、8mmカメラでジーと音を立てているお父さんがいた程度だ。

そう考えると、この技術の進歩はいいんだろうか・・・?
あまりに早すぎて、そのうち誰も追いつかなくなるぞぉ!

ま、とりあえず運動会に撮影できればよしとするか。
いきなり壊したらどうしよう・・。

自分の生まれたときからの、動画が、
振り返って見れるというのは、
良いことには違いないのだ。

# by brizu | 2005-09-30 12:58 | 日常  

ぐるぐるバット

子供の運動会で、親参加の競技がある。
ぐるぐるバットで5回転して10メートル走り、
風船膨らまし、結んで、子供を背負い、30メートル走るらしい。

風船以下は良いとして、その前に
ぐるぐるバットはないんじゃないかなぁ。
中には走れなかったり、
気持ち悪くなったりする人もいるんじゃないかなぁ。

いやぁーだな。

それが終われば、毎年恒例の、伊豆、下田への釣り旅行だから
我慢するかぁ。

こうなったら、わざとふらふらになって、受けを狙おうかな。

# by brizu | 2005-09-22 09:47 | 日常  

由比ガ浜へ トンビ騒動の巻

鎌倉、由比ガ浜に行ってきた。

今の時期、相模湾はやっときれいになりますね。
まだ日中は30度ちかくあるのに
夏の喧騒はどこへやら。
祭りの季節が終わった後のこの時期は、
ほっとするし、ゆっくり出来るし、なんか好きです。
黒潮の支流も離れていくので、水もとってもきれいになります。

11時前後は、引き潮で、波打ち際で遊ぶには最適です。

ここで注意しないといけないのは、「トンビ」です。
浜で何か食べていて、ついよそみをしただけで、
どこかから急降下してきて、もっていかれます。
食べ物だけなら、それも後で笑って済ませられるけど
そのとき、爪で傷つけられたりするんです。

今回は、小さな犬を連れてきている人がいて、
首輪をはずしていたんです。
その小さな犬をめがけて、なんどもトンビが急降下してきたから大変。
飼い主も、そこらにいたみんなも協力して
犬を捕まえようと、トンビを、おっぱらおうと右往左往。

犬は遊んでくれているものと勘違いしてるから、
余計はしゃぎまわってつかまらないし、
トンビは低空ホバリングしてねらってるし、
なかなか収集がつきません。
15分位してやっと、飼い主が犬を捕まえられ、事なきを得ましたが、
とんだ一騒動でした。

たまに来た人は湘南のトンビの怖さをしりません。
昔、本当かどうかはわかりませんが、赤ちゃんを連れさらわれた
なんて、コワーイうわさもあるくらいです。

行かれるときは、ご注意を。

# by brizu | 2005-09-20 10:09 | 日常  

おバカな会話 オケツビョウ

電車のなかのカップルの会話 いずれも会社員風
30前後くらいの二人で、すぐ隣だったので思い切り聞こえてきた。

男「友達の・・・が入院してさ、白血病かもしれないってさ」
んん?それはたいへんだ。
女「えーかわいそう、でも正確にはわかんないの?」
男「あぁ、検査がいっぱいあるらしいよ」
女「そう、いずれにしても早く直るといいね」
検査・・それだけで、なんか痛そうだ・・。

そして、ここからが変な展開に・・

女「ねぇ、私が白血病になったらどうする?」

ん?なんで?

男「はぁ、なるわけないだろ、たくましいのに」
女「失礼ね、私だって子供のころ弱かったんだからぁ・・」
男「ならないって、なるとしたら白血病じゃなくて、あの ’オケツビョウ’ だろ」

オ、オケツビョウ・・・?    それに、、あのって、どの?

男「ひたすらケツが、かゆいというだけのオケツビョウ・・」
女「バカじゃないの・・そんな病気ないでしょう!」

座ってた同年代くらいの会社員が下をむいた。肩も震えてるし・・

男「こぉわい! オケツビョウ」

女「もう話さない、バカが移るし・・」

会社員+おじさん こらえきれず 「プププッッ」

女「恥ずかしい、早く降りなさい」

とそこで、地下鉄丸の内線、東京駅で降りたのであった。

確かにバカだけど、すばらしいセンスである。
そして、確かに こぉわい! オケツビョウ!!

# by brizu | 2005-09-16 16:07 | 日常  

何年か前のMDが・・

先日、何年か前に録音した
本当になんの脈略もなくでたらめに曲が入っているMDが出てきました。
しかし・・
ブライアン・アダムス 「C'mon C'mon C'mon」
ザ・イエローモンキー 「ジャム」
   〃          「球根」
ボブ・ディラン      「?」
エリック・クラプトン   「Wonderful Tonight」
   〃          「レイラ」
アースシェイカー    「More」
ボンジョビ        「Keep The Faith」
   〃          「Runaway」
    ・             ・
    ・             ・
    ・             ・
なんでこんな風にいれたのか?でも、センスがない。
でも、懐かしくなって、落ち込みながらも聞いていました。
しかし、おちが・・・
最後になぜか、
なぎら健壱       「悲惨な戦い」
思わずすべての力が抜けてしまったのでした。

ああ、単独で聞くと、いい感じなんですよ。なぎらさんも。

# by brizu | 2005-09-14 17:55 | 音楽  

コクワガタ

今日の朝、玄関をあけたら、
足元で何か動いた気配が・・・。

ゴキブリだったら絶対家に入れてやるものかと構えたら、
ちっさい、「コクワガタ」 (写真は明日でもUPします)。

見送りにきた、ムシ好きの子供の目が 「キラリン!」
と光を放ち、「あ、コクワガタだ!」と歓喜の舞をはじめました。
見送りなんかもう、そっちのけです。
そういえば去年も今頃、やってきて、冬を越したんです。
それが夏の初めに死んじゃって・・。
そのときの生まれ変わりじゃないかいな。

今年はムシとりにつきあい、
今、家には、カブトムシ2匹、コクワガタ3匹、おじいちゃんに買ってもらった
外国のクワガタ(右の枠外の写真のやつ)、つがいなので2匹
もう大所帯です。
でも何匹いてもうれしいらしく、満面の笑みです。やれやれ・。

結局、面倒を見るのはこっちの仕事なんだけどなぁ。

# by brizu | 2005-09-14 15:31 | 自然  

コミカンソウ

トウダイクサ科の1年草です。高さは20センチくらい。
e0063653_9431712.jpg
葉は長い楕円形で、茎の両脇に並ぶようについています。実がその下に1列に縦につく様子がとてもかわいく、みかんに似ていますね。

# by brizu | 2005-09-05 09:42 | 野草  

なんの葉でも食べるカモ

子供と野毛山動物園に・・
そこにいたカモに、そこらに生えている草の葉をあげると
食べること食べること・・。
なんの葉でも食べるから、面白がっていつまでもあげていました。
e0063653_9534451.jpg

# by brizu | 2005-09-02 09:55 | 自然  

シロツバメエダシャク

自宅マンションの廊下に、白地に茶色の薄線の入った、実に美しい蛾が止まっておりました。
いつも蛾など気持ち悪いくらいなのに、神秘的な感じ・・。思わずデジカメを持ち出しました。
図鑑で調べると、名前は「シロツバメエダシャク」 シャクガの仲間のようです。
e0063653_14453325.jpg

# by brizu | 2005-09-01 14:46 | 自然