蔦は不思議

なぜ彼らは、這うのか。
水も養分もない壁にまで何ゆえ這うのか?
e0063653_10213346.jpg

彼らから見れば、何故人間は歩くのかということかもしれないが、
いつも不思議に思う。
e0063653_10214572.jpg

e0063653_10215230.jpg

水分が欲しいなら土の上を這ったほうが効率的だ。
共生したいなら、ヤドリギのように大きな木と仲良くしたほうが良いだろう。
しかも、紅葉し、葉を落とすのだ。日の光を集める葉を落とすということは
それまでに栄養を蓄えているということか?
自然界は無駄なことはなく、合理的で、必ず意味があるというが
不思議でわからないことはまだまだある。

by brizu | 2005-12-05 10:23 | 自然 | Comments(2)  

Commented by brizu at 2005-12-05 21:22
mari さん こんばんは
TB ありがとうございます。
蔦にスポットを当てることはあまりないと思いますが、
たまに見ると、不思議だし、妙な自然美がありますね。
Commented by brizu at 2005-12-05 21:24
surugaki さん こんばんは
TB ありがとうございます。
植物の中でも、個人的には不思議に思う部類にはいりますので
時々、目を向けています。
大量に蔦があると、それはそれで、ひとつの美しさを表現しますね。

<< 今日は富士が見える。 みなとみらい に ベタベタの蕎麦屋 >>